2013年11月27日水曜日

Open garden に向けて

 
 
ルジャルダンサクレで最も大変な作業
 
メインガゼボの屋根まで伸びたポール・トランソン
 
最近脚立にのぼって作業をするのが困難になってきました
年々衰えていく自分の体力に情けなくなります。気合を入れてこの大変な作業に・
 
4時間かかりましたがやっと屋根の上の剪定も終わりさっぱりとしたガゼボの様子です
 
このバラはまだ3・4年しかたっていないポール・トランソン2世
 
植え込んでからはアットいう間にガゼボの全体を覆いました
大変な作業でしたがこのバラの魅力は過酷なおもいをしても価値がある素晴らしい
景観を春に創り出してくれます
5月の中旬・・・満開のポール・トランソン
 
ガゼボはアプリコットピンクのこのバラで覆われます
 
このバラの魅力のもう一つが香りです…リンゴの素晴らしい香りで辺りは満たされます
 
 チャーリー・ブラウン
 
半八重の茶色の可愛いバラ・・四季咲きで次々開花
ポリアンサに分類されるのでしょうか・・・他に無い素敵な渋い色です
 
ラプソディー・イン・ブルー
 
ジョージ・ガーシュウィンの曲で有名なことで知られています
 
半八重のひときわ目立つ紫のひらひらとした花びらはとてもガーデンでは際立っています
ただ花弁が柔らかくもろいので西日や日が強く当たるところは避けた方がいいでしょう