2013年12月20日金曜日

Open gardenに向けて

一年が過ぎまた過酷な作業が・・・
誘引が始まりました
今年はメインのゲートからの作業開始です
このコーナーは10本のつるばらで構成
なかでもランブラーのブラッシュ・ランブラーはシュートが多く
刺も凄くとても扱いにくいバラですが開花時は素晴らしい
 
 
 
下の映像はブラッシュ・ランブラーとクレマチス
 
ブラッシュランブラーの差し色にブルー・マジェンダを・・・
 
春だというのに早くも沢山のシュートが…強健です
 
 
 
コラムのサイドのツルバラの剪定前
ツルバラの誘引で大事なことはどこに枝を持ってくるか
どこで咲かせるかです
 
ツルバラは枝元に花が付きにくく枝先に花を咲かせる習性が多い
誘引をする時に枝先をいかにうまく枝元に誘引するか・・・
 
これが春の開花を決めます
そして出来れば早咲き・中間・遅咲き…とツルバラを植え付け
開花時期をずらす・・・
そうすることで早春から初夏まで絶え間なく咲き続けます
 
 
綺麗に誘引が済みました
 
私は誘引は芸術だと思っています
 
花も葉もないがきちんと誘引した様子はとても整然としていて美しい
 
 
誘引の仕方で春開花した時隙間なく咲きます