2016年10月3日月曜日

2016年 秋のオープンガーデンに向けて

かなり大きい台風18号が向かってきています
何処の地域も被害がでません様に!!


メインガーデンの木立のバラのコーナーは
イングリッシュローズ(日本の気候では半ツルになる物が多い)や
シュラブが多く植え込んであります
理由は
開花した時の高さが欲しいから・・・
目線より少し下の間近でバラが楽しめる・・・
それって一番嬉しいですよね!
覗き込んで見るのは臨場感が無いです
でも難点は
秋のバラの為の剪定をした後
その素質が出て
高い位置で開花をしてしまいます
今の私の庭の秋のガーデンは正にそのもの

伸びやかなバラを楽しんでくださいね



今年新たに開口した少し曲がりくねった小路

ナチュラルガーデンへと続きます
小路の両脇にバラを沢山植え込みました
背高のっぽの白や薄紫のフジバカマが両脇を固めます
観賞用のサトイモブラックマジックの間から真っ白なバラが顔を出しています
とっても素敵!




野ばらのローズヒップ
このヒップは裏方にあるので切らずに済みました
いつもはもっと沢山ヒップがあるのですが、今回のリースやアレンジの企画が遅かったので花殻を切ってしまったため去年よりは少なくなりました
もっと早く企画しておけば良かったですね!

修景バラパッシーニのローズヒップ
これも可愛い



ランブラーローズ
ゴールドフィンチのローズヒップ