2014年12月2日火曜日

花だより


そろそろ花材が少なくなってきました
今日は苦肉の策でペチュニア
ブラック・ベルベットという真っ黒な花を
差し色に使いました
意外といいですね
まだまだバラはふっくらとしてきれいです

ジュード・ジ・オブスキュアー
最高の香りを放つバラ
私はこのバラの香りが一番好き
D・Oによると
★時折強烈なシトラス香の混じったグァバと甘口の白ワイン
だそうです
ちょっと難しいとらえ方ですね
でもすごい香り

花弁もふっくらとした大輪
育てやすい強権種 


バイランド
杏がかったピンク
中輪でロゼット咲きの可愛いバラ



マダムアルフレッド
キャリエール

美しいオールドローズの一つ
早咲きで繰り返し開花
ピンクから白に移行

超強権種
劣悪な場所にも耐える



ザ・ナン

イングリッシュローズの中でも数少ない純白

ひらひらとした花弁はオープンカップに

カージナルフューム
四季咲き性の強い濃赤色の八重で房で咲く
横に広がるのでフェンスの誘引すると見ごたえがします
あまり直射日光には当たらないほうが花弁がきれいなクリムズンが出ます